MENU

【徹底解説】除毛クリームで毛が抜ける仕組み・メカニズムと安全性

 

クリームを塗って、ムダ毛が処理できるなんて、ちょっと信じられないですよね?

 

そんな怪しい除毛クリームなんて使っても大丈夫なのか心配になりませんか?

 

本当に除毛クリームを使っても問題ないのか、この記事ではその仕組みなどについて解説していきたいと思います。

 

 

除毛クリームがムダ毛を溶かす仕組み・メカニズム

除毛クリームを使用してムダ毛を溶かす原理

除毛クリームを塗って放置してふき取るだけで簡単に太いムダ毛を処理できるなんて驚きですよね!

 

別にムダ毛を抜いている感じでもないですし、除毛クリームを拭き取るとごっそりムダ毛が取れていくのを見ると、除毛クリームってかなりヤバイ成分が入っているのではないかと心配になりますよね?

 

でも、心配しなくても大丈夫です。

 

除毛クリームはムダ毛を抜いているわけではなくて、皮膚の表面に塗ることによって、ムダ毛を表面で溶かして、拭き取る際にムダ毛が切れるのを利用しています。

 

なので一見するとツルツルに見えますが、毛穴にはまだムダ毛の根元は残っているのです。

 

ムダ毛を溶かす成分とは?

では、どうしてムダ毛が除毛クリームで解けるのでしょうか?

 

除毛クリームにはチオグリコール酸カルシウムという成分が多く含まれています。

 

このチオグリコール酸カルシウムというアルカリ性の成分は、美容院で使われるパーマ液などにも含まれている成分で、タンパク質を分解して溶かす性質があります。

 

ムダ毛を構成しているタンパク質には、ケラチンが含まれており、そのケラチンには、シスチンというアミノ酸が多く含まれています。

 

除毛クリームに含まれているチオグリコール酸カルシウムはシスチンというアミノ酸を分解する性質があり、これを利用して除毛クリームが開発されています。

 

除毛クリームの安全性・危険性

そんな除毛クリームですが、安全性や危険性はどうなのでしょうか?

 

それぞれについて解説していきます。

 

除毛クリームの安全性

除毛クリームは取り扱い説明書に書かれているような通常の使い方をする分には特に危険性はないと言っていいでしょう。

 

ただし、除毛クリームを使うとムダ毛と同じタンパク質でできている皮膚にダメージや刺激を与えることになるため、人によっては肌トラブルになってしまう可能性はゼロではありません。

 

しかし、実際に除毛クリームを使う前にパッチテストを行うことによって個人差の大きい肌トラブルのリスクを抑えることができます。

 

面倒臭がらずにパッチテストを行えば、ほぼ肌トラブルになることはないでしょう。

 

除毛クリームの危険性

安全性の高い除毛クリームではありますが、使い方によっては危険性もあります。

 

滅多にないとは思いますが、万が一、除毛クリームが目についてしまうと失明してしまう可能性があることはあります。

 

また、デリケートな粘膜の部分などにつくと、激痛に悩まされることもあるかもしれません。

 

ただし、通常の使い方をする分には除毛クリームが目に入ったり、粘膜についたりということはほぼないと思っていいですよ。

 

一番危険性が高いと思われるのは、除毛クリームを塗った後に放置時間を長めにしてしまって肌へのダメージが強すぎて、肌トラブルになるというリスクです。

 

いずれにせよ、取り扱い説明書通りの使い方をしている分には全く問題ありませんし、そもそもそんなに危険な除毛クリームがあったとしたら、販売中止になっていることでしょう。

 

危険性はゼロではないという認識を持って、通常通りに使えばあまり恐れることはありませんよ。

 

脱毛クリームを使用するメリット・デメリット

ここで除毛クリームを使用するメリットとデメリットについて改めて考えていきましょう。

 

脱毛クリームでムダ毛処理するメリット

まずは除毛クリームでムダ毛処理をするメリットについてみてみます。

 

除毛クリームを使用するメリットは様々ありますが、大きくこちらの三つのポイントが挙げられます

 

  • コストが安く済む
  • チクチクしない
  • 痛くない

 

一般的に販売されている除毛クリームは、数千円程度で購入することができます。

 

もしも、脱毛サロンとかに行く場合は、トータルで数万円から数10万円レベルのお金がかかることでしょう。

 

また、カミソリなどでムダ毛を剃った場合と比較すると、除毛クリームでムダ毛を処理した場合は、毛先が丸くなっているため、チクチクすることもありません。

 

それと、男性にとって一番嫌なのは痛みだと思いますが、除毛クリームはムダ毛を抜いているわけではないので、痛みはほぼないと言っていいでしょう。

 

脱毛クリームでムダ毛処理するデメリット

次に除毛クリームを使った場合のデメリットについても見ていきましょう。

 

除毛クリームを使用するデメリットは大きく分けてこちらの三つのポイントに絞られます。

 

  • 永久脱毛できない
  • 顔やデリケートゾーンには使用できない
  • 肌荒れする可能性も

先程から解説している通り、除毛クリームはムダ毛を根元から抜いているわけではないので、永久脱毛はできません。

 

必ず定期的に除毛クリームでムダ毛の処理をする必要が出てきます。

 

 

また使用できる部位も限られていて一般的には顔やデリケートゾーンに使用できないことになっています。

 

さらに個人差もありますが、除毛クリームによっては肌荒れする可能性もありますので注意が必要です。

 

肌荒れするかしないかは、実際にテストしてみなければわかりませんので、業務をクリームを使用する前には必ずパッチテストを行うことを推奨します。

 

事前にパッチテストを行っておけば、ほぼ肌荒れのリスクはなくなりますので、安心して利用することはできますよ。

 

除毛クリームと脱毛サロンどっちが効果ある?

結局のところ、脱毛サロンに行くべきか、それとも自宅で除毛クリームを使ってムダ毛の処理をするのか、どちらがいいのでしょうか?

 

結論から言うと、初めてムダ毛の処理をする人であれば、除毛クリームから始めてみるといいでしょう。

 

お金があれば、いきなり脱毛サロンに行ってもいいかもしれませんが、脱毛サロンは何度も通わなければなりませんし、費用払えるとしても、どうしても痛みが伴ってきます。

 

初めてムダ毛の処理をする人が、脱毛サロンに行って痛い思いをすると、それがトラウマになる可能性もありますので、まずは手軽に除毛クリームを使ってツルツルになった自分の感覚を体感する方がいいでしょう。

 

また、将来歳をとった時に、脱毛サロンで二度とムダ毛が入ってこなくなるようにしてしまうと、後で後悔してしまうことになるかもしれませんよ。

 

将来の自分に両方の選択肢を残しておくのも、とっても重要なことだと思います。

 

まとめ

ということで、除毛クリームのメカニズムと安全性について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

除毛クリームはムダ毛を抜いて処理をする訳ではなく、チオグリコール酸カルシウムという成分を使ってタンパク質を溶かし、ムダ毛を処理するというメカニズムになっています。

 

そのため、残念ながら、永久脱毛を希望する人には向いているムダ毛処理方法ではありません。

 

除毛クリームを利用する危険性については、取り扱い説明書通りの使い方をする分には全く問題ないといえます。

 

取説をよく読まずに使ってはいけない部位や、長時間の放置をしてしまうと、肌トラブルになったりする可能性が高まりますので、必ず取扱説明書に従って使用するようにしてください。

 

また、除毛クリームにはメリットとデメリットがあり特に痛いのが嫌な男性には、メリットが大きい、ムダ毛処理方法だと言えます。

 

除毛クリームをメリットとデメリットを理解した上で使用するようにしてくださいね。

 

各部位別に合ったメンズ脱毛・除毛クリームを選ぶ

青ひげ・顔の産毛対策 鼻毛の対策 胸毛の対策

>>クリック

>>クリック

>>クリック
脇毛の対策 すね毛の対策 VIO・玉袋の対策

>>クリック

>>クリック

>>クリック
腕毛の対策 背中の毛の対策 へそ・お腹の毛の対策

>>クリック

>>クリック

>>クリック

 

目的別メンズ用脱毛クリームの選び方

 

関連ページ

脱毛クリームは自作したほうが安いの?
脱毛クリームのつくり方はあるのか?自作したほうが安いのか?について紹介しています。