MENU

【超不安】除毛クリームでムダ毛処理すると埋没毛にならないのか?

 

ムダ毛を自己処理した人の口コミを見ていると、埋没毛になってしまったっていう書き込みを見かけたりしますよね。

 

埋没毛は、皮膚の内部で毛が成長してしまった状態のことを指しますが、肌荒れを引き起こしたり色素沈着や毛嚢炎(もうのうえん)につながる危険性があるので、とても不安になってしまいます。

 

この記事では、除毛クリームでムダ毛を自己処理すると埋没毛になることはないのかについて説明したいと思います。

 

 

除毛クリームでのムダ毛処理は埋没毛(埋もれ毛)になりにくい

ムダ毛を自分で処理する方法はいろいろとありますが、除毛クリームを使ってムダ毛の処理をした場合は、一般的に埋没毛(埋もれ毛)になりにくいと言われています。

 

埋没毛は毛穴に傷がついたりすることで、かさぶたのように毛穴をふさいでしまうために毛が皮膚の表面に出られずに毛穴の中に閉じ込められてしまうことによって引き起こされます。

 

除毛クリームを使用すると、皮膚を傷めることなくムダ毛を溶かすメカニズムになっていて、毛穴に傷がつきにくく、埋没毛になりにくいのです。

 

 

カミソリや毛抜きによる自己処理は毛穴をふさいでしまうリスクがあるので要注意!

除毛クリームを使用するよりも安くムダ毛の自己処理をする方法として、カミソリでムダ毛を剃ったり、毛抜きを使って地道に毛を1本1本抜いていく方法がありますが、除毛クリームと比較すると毛穴を傷つけてしまうリスクが圧倒的に高くなります。

 

物理的にムダ毛をカットしていくと、同時に毛穴の部分も皮膚も傷つけてしまい、結果として毛穴をふさいでしまうことになるんですね。

 

ですので、いくらコスト的に安いからと言って、カミソリや毛抜きを使ってムダ毛を処理するのはオススメできません。

 

出来る限り埋没毛になりにくい除毛クリームを使用する方法を使ったほうがいいですよ。

 

脱毛クリームを使用する場合、保湿は埋没毛の予防に効果はある?

しかし、除毛(脱毛)クリームを使用すれば絶対に埋没毛にならないという保証はありません。
埋没毛になりやすいかどうかは、個人差もありますし、ちょっとした刺激で毛穴がふさがってしまい埋没毛になってしまう可能性もゼロではありません。

 

埋没毛を予防するには、除毛クリームを使用した後の保湿ケアがとても重要です。
保湿ケアをしておくことで、万が一毛穴がふさがったとしても、皮膚が保湿されていることで柔らかい状態になっていれば、ムダ毛もその皮膚を突き破って出てくる可能性が高まるからです。

 

また、除毛後に肌が乾燥してしまうと、埋没毛だけでなく肌トラブルになるリスクが高まりますので、そういった意味でも必ず保湿ローションなどでしっかりと保湿をするといいでしょう。

 

おすすめなのは、除毛クリームのメーカーが同時に販売している保湿ローションを使用することです。
そのメーカー独自の除毛クリームにマッチした保湿成分を使用しているため、安心して使用することができますよ。また、最近の保湿ローションは保湿だけでなく美肌効果や抑毛などの働きが期待できる成分も配合されていたりします。

 

除毛クリームと追加で購入するのが面倒だと思わずに、埋没毛のリスク軽減も考慮してケチらずに一緒に購入することをおすすめします。
(ここでケチると、後から埋没毛の治療費のほうが高くついてしまう可能性があります)

 

既に埋没毛がある場合の処理方法

「カミソリを使っていて、もうすでに埋没毛になってしまっている」
「ポツポツと黒い点々ができている」
という場合は、除毛クリームを使用しても効果はありません。

 

なぜなら、繰り返しになりますが除毛クリームは皮膚の表面に生えているムダ毛を溶かして除毛する仕組みになっているため、皮膚の表面に生えていない埋没毛には影響を与えないからです。

 

埋没毛がある場合は、基本的にはしばらく放置して肌のターンオーバーによる自然治癒を待つのがいいでしょう。

 

それ以外には、保湿ローションやクリームなどで角質を柔らかくしてあげたり、スクラブ(ピーリング)により角質ケアしてあげたり、蒸しタオルなどで毛穴を柔らかくするなどの方法も有効だと考えられます。

 

注意してほしいのは、無理やり針やカッターなどで皮膚を傷つけて中の埋没毛を引き抜くといったことをしないことです!
皮膚を傷つけてしまうと、そこから雑菌などが入り込み更に悪化してしまうリスクが高まるからです。

 

埋没毛を気にして脱毛サロンに行く必要はない?

埋没毛になるのが怖いから脱毛サロンに行ったほうがいいと思う人もいるかもしれませんが、その必要はあまりないかと思います。

 

たしかにプロの人に脱毛をしてもらえば安心かもしれませんが、埋没毛だけのために高いお金を払って痛みに耐えるというのはつらいですよね。

 

であれば最初から埋没毛になるリスクの低い除毛クリームを使用して、保湿ローションでしっかりと保湿することで埋没毛の予防をしておけば何十倍もお金を節約できますし、痛みも耐えることなく除毛することができます。

 

お金と痛みに耐えられる人だけ脱毛サロンに行くようにしましょう。

 

まとめ

除毛クリームによる自己処理は、他の方法と比較して埋没毛になるリスクが極めて低いということが分かりましたよね?
埋没毛の最大の原因は、毛穴に傷がついたりすることによる刺激で、毛穴がかさぶたのようにふさがってしまい、毛が生えようとしても皮膚の表面に出てこられなくなることでした。

 

除毛クリームなら、ムダ毛を溶かしているだけですので、毛穴を傷つけてしまうことがないので埋没毛になりにくいです。

 

ただし、除毛クリームを使った後で、しっかりと保湿してあげないと毛穴が硬くなってしまう可能性があるので、除毛クリームと保湿ローションは併用したほうがいいでしょう。

 

どうしてもプロにやってもらいたい場合は、脱毛サロンでやってもらうのもいいかもしれませんが、コストがかなりかかりますし、痛みも伴いますので、まずは除毛クリームと保湿ローションを使ってみるところから始めてみてはいかがでしょうか?

 

各部位別に合ったメンズ脱毛・除毛クリームを選ぶ

青ひげ・顔の産毛対策 鼻毛の対策 胸毛の対策

>>クリック

>>クリック

>>クリック
脇毛の対策 すね毛の対策 VIO・玉袋の対策

>>クリック

>>クリック

>>クリック
腕毛の対策 背中の毛の対策 へそ・お腹の毛の対策

>>クリック

>>クリック

>>クリック

 

メンズ用脱毛クリームの選び方

 

 

関連ページ

除毛クリームで毛が濃くなる?
脱毛・除毛クリームを使ってムダ毛を除毛すると毛が濃くなるのか、薄くなるのかについて説明しています。
チクチクヒリヒリしない方法
除毛クリームを使用した後で肌がチクチクしたりヒリヒリする場合に、どのように対策をすればいいのかについて解説しています。
黒いブツブツや黒ずみ
カミソリや毛抜きとちがって、除毛クリームなら黒いブツブツや黒ずみにならないのかについて解説しています。
除毛クリームによる肌荒れ対処法
除毛クリームで肌荒れしたときの対処法について説明しています。