MENU

【不安解決】除毛クリームなら黒いブツブツや黒ずみにならない?

 

カミソリや毛抜きなどを使ってムダ毛の処理をしている人も多いのですが、黒いぶつぶつができたり、皮膚に黒ずみができたりして、悩んでいる人も多くいます。では、除毛クリームを使えば、そのようなブツブツや黒ずみになる心配はないのでしょうか?
この記事では、そんな素朴な疑問について解説したいと思います。

 

 

除毛クリームなら黒いブツブツや黒ずみになりにくい

結論としては、カミソリや毛抜きなどを使ってムダ毛の処理をするよりも、除毛クリームを使用したほうが、圧倒的に黒いブツブツができたり、黒ずみができたりする可能性が低いと言えます。

 

ただし、除毛クリームを使用すれば絶対に大丈夫とも言えません。
できるだけ黒いブツブツや黒ずみができないようにするには、黒いブツブツや黒ずみができる原因と対策を知る必要があります。

 

黒いブツブツの原因と対策とは?

黒いブツブツの原因(カミソリや毛抜きでの脱毛処理は注意!)

黒いブツブツの原因は、カミソリや毛抜きで脱毛した後で起こる埋没毛です。
通常は毛は皮膚の表面から外側に生えてくるものですが、埋没毛は皮膚の中で毛が成長する状態です。

 

埋没毛になってしまうと、黒いブツブツになってみえるのです。

 

黒いブツブツの対策

黒いブツブツは埋没毛によるものですから、その埋没毛にならない処理をするのが対策となります。
具体的には、カミソリや毛抜きなどを使ってムダ毛を処理せずに、除毛クリームを使用したほうがいいですよ。

 

カミソリや毛抜きを使うと、肌が乾燥してしまい埋没毛になってしまうリスクが高まります。
また、毛穴に残ったカミソリで切断された毛は、汚れや皮脂などを取り込んでしまい、黒ずみの原因となることもあります。

 

黒ずみの原因と対策とは?

黒ずみの原因は毛穴に刺激を与えてしまうこと

黒ずみになってしまうのでは、毛穴が刺激されることによるメラニン色素の沈着によるものです。
毛穴を刺激してしまう原因は、毛穴に詰まってしまう角質や皮脂、空気中の汚れなどによる毛穴への刺激です。

 

刺激を受けたメラノサイトが防御反応を起こして、メラミンをつくりだしてしまい、それが黒ずみになるというメカニズムです。
そのような状態を炎症性色素沈着とも言います。

 

黒ずみの対策

黒ずみの原因は汚れが詰まった毛穴への刺激で生成されるメラニン色素ですので、なるべく毛穴に刺激を与えないようにする対策が必要です。
皮膚を清潔に保つということが最も重要ですが、皮膚の乾燥による刺激を抑えるのも効果的です。

 

除毛した後に何もせずに放置してしまうと、皮膚が乾燥してしまいますので、保湿成分を含んだクリームやローションで肌の乾燥を防ぐことが重要です。また、カミソリや毛抜きでの脱毛は、毛穴に残った毛がとがっている状態で、毛穴を刺激してしまうため、除毛クリームを使用するほうがいいでしょう。

 

イソフラボン配合の抑毛ローションは黒ずみに効果はあるのか?

黒ずみの原因である毛穴への刺激を抑えるたには、保湿が重要という話をしましたが、最近の除毛クリームには抑毛ローションもオプションとして販売されています。

 

抑毛ローションの中には、保湿成分だけでなく、大豆に含まれるイソフラボンという美肌ケアに作用する成分が配合されている商品があります。

 

そういった美肌成分が配合されている抑毛ローションを除毛クリームと併用することにより、黒いブツブツや黒ずみになりにくくすることができます。

 

除毛クリームと抑毛ローションの継続が重要

抑毛ローションは、残念ながら即効性がないため、使用してすぐに変化を実感することはできません。
しかし、継続的に使用することにより除毛後の黒いブツブツや黒ずみが出にくいことが実感できると思います。
もちろん、個人差もありますので、もしも費用的に余裕があるのであれば、実際に使用してみることをおすすめします。

 

黒いブツブツや黒ずみの予防方法

黒いブツブツや黒ずみの予防方法はつぎの3つです。

 

保湿対策

最も重要な対策としては、普段から肌が可能しないように保湿するということがあげられます。
肌が乾燥すると、黒ずみだけでなく、かゆみや痛みなどの肌トラブルを引き落とす原因となります。そうならないためにも、保湿成分を配合したクリームやローションを塗って対策しておきましょう。

 

皮膚の紫外線対策

皮膚や毛穴に刺激を与えるのは乾燥だけではありません。太陽の光に含まれる紫外線は、想像以上に皮膚や毛穴へ刺激を与える原因となります。太陽の光が強い夏場だけでなく、意外と曇りの日のほうが紫外線が多いので、UVカットの洋服を着たり、日焼け止めを活用して紫外線による刺激から肌を守ることがとても重要です。

 

普段の食生活

黒ずみの予防方法として重要なのはターンオーバーです。
皮膚をつくるのに必要不可欠であるタンパク質や、ターンオーバーに重要な野菜やフルーツに含まれているビタミン類を多く摂取することにより、黒ずみの予防をすることができます。また、同時にミネラルをとるようにすることで、皮膚の炎症を抑えるはたらきもありますので、より効果的です。

 

除毛クリームによるムダ毛処理と抑毛ローションによる保湿が最強の対策!

ということで、黒いブツブツや黒ずみになる原因と対策について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
カミソリや毛抜きを使う方法は、お金もかからずにできるのですが、埋没毛になって黒いブツブツができたり、毛穴への刺激でメラニン色素が生成されて黒ずみになったりといったデメリットが多いです。

 

除毛クリームと抑毛ローションを併用すると、コストは少しかかってしまいますが、低刺激で肌トラブルの心配も少なくていいと思います。
ただし黒いブツブツができたり、黒ずみになるかどうかというのは個人差もありますので、実際に購入して使ってみるのが一番いいですね。

 

失敗してしまうのが心配な人は、なるべく返品保証がついているものを選べば安心して使用することができますよ。

 

各部位別に合ったメンズ脱毛・除毛クリームを選ぶ

青ひげ・顔の産毛対策 鼻毛の対策 胸毛の対策

>>クリック

>>クリック

>>クリック
脇毛の対策 すね毛の対策 VIO・玉袋の対策

>>クリック

>>クリック

>>クリック
腕毛の対策 背中の毛の対策 へそ・お腹の毛の対策

>>クリック

>>クリック

>>クリック

 

メンズ用脱毛クリームの選び方

 

 

関連ページ

除毛クリームで毛が濃くなる?
脱毛・除毛クリームを使ってムダ毛を除毛すると毛が濃くなるのか、薄くなるのかについて説明しています。
チクチクヒリヒリしない方法
除毛クリームを使用した後で肌がチクチクしたりヒリヒリする場合に、どのように対策をすればいいのかについて解説しています。
除毛クリームによる肌荒れ対処法
除毛クリームで肌荒れしたときの対処法について説明しています。
埋没毛にならないのか?
除毛クリームでムダ毛処理すると埋没毛にならないのかについて解説しています。