MENU

【知らなきゃ危険】除毛クリームで肌荒れしたときの対処法とは?

 

除毛クリームには、チオグリコール酸カルシウムというタンパク質を溶かす成分が含まれています。

 

ムダ毛はタンパク質でできていますから、チオグリコール酸カルシウムによって溶けて除毛効果を発揮する訳ですが、皮膚もタンパク質でできているので、その刺激によって肌荒れなどの肌トラブルになる可能性が少なからずあります。

 

この記事では、万が一、除毛クリームを使用して、かぶれや湿疹などの炎症や、赤み、かゆみが出てきた時の対処法について紹介していきます。

 

 

除毛クリームで肌荒れしたときの対処法とは?

除毛クリームで肌荒れしたときの対処法についての結論としては、肌荒れが起こった時に慌てずに、次の対処法を行えば問題ないでしょう。

 

【除毛クリームで肌荒れしたときの対処法】

肌トラブルが起きたらすぐに除毛クリームの使用を中止する
除毛クリーム(脱毛クリーム)をもう一度洗い流して冷やしてみる
除毛クリームでムダ毛処理した部分を保湿する
皮膚科に行く
皮膚科に行けない場合は市販の軟膏で応急処置する

 

それでは、1つずつ説明していきたいと思います。

 

肌トラブルが起きたらすぐに除毛クリームの使用を中止する

万が一、除毛クリームを使用して肌トラブルが起こったら、無理しないで除毛クリームの使用をやめましょう。
除毛クリームによる効果には個人差があり、合う合わないというのは避けられません。たまたまその除毛クリームがあなたの肌に合わなかったとういことですので、すぐに使用を中止してください。

 

除毛クリーム(脱毛クリーム)をもう一度洗い流して冷やしてみる

除毛クリームをちゃんと洗い流したつもりでも、実はまだ毛穴などに残っていることがあります。毛穴に残った除毛クリームの影響で肌トラブルになってしまうケースもありますので、念のためにもう一度シャワーなどで洗い流して、冷やしてあげると症状が和らぐ可能性があります。

 

除毛クリームでムダ毛処理した部分を保湿する

もしも軽い肌荒れであれば、敏感肌の人向けの化粧水や乳液、ローションなどで保湿してください。

 

肌を保湿して清潔にするだけでも肌荒れが和らいでくる場合があります。

 

皮膚科に行く

除毛クリームの使用を中止して、洗い流して冷やし、保湿しても症状が治まらない場合は、すぐに皮膚科に行きましょう。皮膚科で診察してもらうときには、使用した除毛クリームを持って行って、症状を細かく説明できるようにしておくとスムーズに診察してもらえますよ。

 

皮膚科に行けない場合は市販の軟膏で応急処置する

もしもすぐに病院の皮膚科に行けなかったり、休診で診てもらえない場合は、市販の軟膏を塗って応急処置をしておきましょう。

 

薬局やドラッグストアで販売されている軟膏の中で一番有名なのは「オロナイン軟膏」ですが、湿疹(ただれ、かぶれ)しているところには使用できないため、除毛クリームでの肌トラブルには使用しないでください。

 

ステロイドが入っていない小林製薬のフェミニーナ軟膏などがおすすめです。もしも心配な場合は、薬局にいる薬剤師さんに聞いてみたほうがいいですよ。

 

かぶれや湿疹などの炎症や肌荒れで”かゆい”場合は絶対に”かかない”

 

かぶれや湿疹などの炎症が起きていて、かゆい場合に限ってのことですが、かゆくても絶対にかかないようにしましょう!

 

かいてしまうと、逆に症状が悪化してしまいます。

 

赤みが出てきた場合は冷たいタオルを当てて冷やす

ムダ毛の処理をした場所に赤みが出てきた場合は、冷たいタオルを当てて冷やすと症状が和らぐ可能性があります。このときに、保冷剤を使用して直接赤みがでている場所にあててしまうと、低温やけどになって逆に症状を悪化させてしまいますから十分に注意してください。

 

除毛クリームによる肌トラブルの5つの予防方法

除毛クリームを使用して肌トラブルになってしまうのを予防する方法を知っておけば安心ですよね!除毛クリームを使用する前に知っておきたい5つの肌荒れ予防方法はこちらです!

 

【肌トラブル予防方法】

肌タイプに合った除毛クリームを選ぶ(除毛効果だけで選ばない)

除毛効果だけで判断してしまうと、肌への刺激が強い除毛クリームを選んでしまう可能性があります。必ず肌にやさしい成分や保湿成分が含まれているかもチェックすることが重要です。

 

パッチテストをする

除毛クリームを使用する前に、毎回必ずパッチテストを行いましょう。どんな除毛クリームでも個人差がありますので、その除毛クリームが自分の肌に合っているのかどうかをチェックすれば安心して使えます。

 

除毛クリームを塗って長時間放置しすぎない

除毛クリームはタンパク質を溶かす刺激の強い成分が含まれています。塗った後で長時間放置してしまうと、皮膚までダメージを与えてしまうことになるのでとても危険です!注意してください。

 

除毛クリームを使う場所を守る!デリケートな部位には使わない

除毛クリームの取り扱い説明書には、使用できる部位と使用できない部位が書かれています。必ずマニュアルに従って、使用できない部位やデリケートな部位では使わないようにしましょう。

 

ムダ毛の処理後に保湿ケアをする

肌荒れの原因は乾燥によるものです。ムダ毛処理をしたら必ず保湿するように心がけましょう!

 

 

この5つのポイントを覚えて実践すれば、かなりの確率で除毛クリームによる肌トラブルを回避することができます。

 

まとめ

除毛クリームで肌荒れしたときの対処法について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか?

肌トラブルの5つの予防方法を行って、肌荒れにならないようにするのはもちろんですが、万が一、肌荒れが起こった時に正しい対処法を知っているだけでも安心です。

 

除毛クリームを使用する前には、この記事で紹介した肌荒れが起きたときの対処方法を頭の片すみに入れておいてくださいね!

 

各部位別に合ったメンズ脱毛・除毛クリームを選ぶ

青ひげ・顔の産毛対策 鼻毛の対策 胸毛の対策

>>クリック

>>クリック

>>クリック
脇毛の対策 すね毛の対策 VIO・玉袋の対策

>>クリック

>>クリック

>>クリック
腕毛の対策 背中の毛の対策 へそ・お腹の毛の対策

>>クリック

>>クリック

>>クリック

 

メンズ用脱毛クリームの選び方

 

 

関連ページ

除毛クリームで毛が濃くなる?
脱毛・除毛クリームを使ってムダ毛を除毛すると毛が濃くなるのか、薄くなるのかについて説明しています。
チクチクヒリヒリしない方法
除毛クリームを使用した後で肌がチクチクしたりヒリヒリする場合に、どのように対策をすればいいのかについて解説しています。
黒いブツブツや黒ずみ
カミソリや毛抜きとちがって、除毛クリームなら黒いブツブツや黒ずみにならないのかについて解説しています。
埋没毛にならないのか?
除毛クリームでムダ毛処理すると埋没毛にならないのかについて解説しています。