MENU

【大丈夫?】除毛クリームによる肌トラブルなどの副作用

 

除毛クリームを使ってみたいと思っているけど、肌トラブルになったらどうしようって、副作用という言葉に過敏になってしまっていませんか?

 

実は、除毛クリームを使う上で、副作用はあまり心配する必要はありません。ただ、ごくごく一部の人だけが、ある理由で肌トラブルなどの副作用が起こる可能性があるだけです。

 

この記事では、除毛クリームの副作用が心配なあなたに、除毛クリームの副作用について解説していきたいと思います。

 

 

除毛クリームによる肌トラブルなどの副作用はゼロではない

副作用というのは、実は除毛クリームのような医薬部外品で使用する言葉ではなく、一般的には風邪薬のような医薬品で使われる言葉です。

 

副作用とは、その薬を使って得られる効果とは別の、有害な作用をすることを指しますが、ここでは除毛クリームを使用して、ムダ毛を処理する以外に発生する肌トラブルのことを便宜的に「副作用」と呼んでいます。

 

除毛クリームには、チオグリコール酸カルシウムというタンパク質を溶かす成分が配合されていて、
皮膚の表面に塗ることによって、ムダ毛を溶かして切るという仕組みになっています。

 

ですので、同じタンパク質でできている皮膚にも、少なからずダメージを与えてしまうため、肌トラブルなどの副作用はゼロではありません。

 

除毛クリームによる副作用の症状

実際に、除毛クリームを使用して起こる副作用の種類はこちらの通りです。

 

  • ・肌荒れする
  • ・ヒリヒリする
  • ・皮膚が赤くなる
  • ・かぶれる
  • ・炎症が起こる

 

いずれも、先ほど紹介したチオグリコール酸カルシウムという除毛クリームに含まれる成分による影響で、除毛クリームを使用した後に水分が蒸発して皮膚が乾燥することが原因で副作用が発生してしまうのです。

 

除毛クリームの副作用が起こりやすい人の2つの特徴

 

しかし、除毛クリームを使った人がみんな、肌トラブルなどの副作用が発生するというわけではありません。

 

除毛クリームによる副作用が発生しやすい人の2つの特徴を紹介しておきますね。

 

もともと敏感肌で肌が弱い

肌への刺激に対して強いか弱いかというのは、実は個人差がかなり大きいです。

 

同じ除毛クリームを使ってみても、肌荒れなどの副作用が全くないという人もいれば、赤くなってヒリヒリしたり、かぶれたりする人もいます。

 

除毛クリームの口コミが賛否両論になりやすいのは、この個人差によるものなのです。

 

そもそも使い方を間違えている

もう1つ、除毛クリームによる副作用が出やすい人の特徴は、使い方を間違っているケースです。

 

よくあるパターンとしては、除毛クリームを塗った後、拭き取って洗い流すまでの時間を長くする人です。

 

 

おそらく除毛クリームに含まれている毛を溶かす成分のことをよく知らずに、ただ単に長く放置すればムダ毛がよくとれると思っているんですね。

 

たしかに放置時間を長くすれば、それだけムダ毛が溶けるのできれいに処理することはできるかもしれません。

 

しかし結局は、同じタンパク質でできている皮膚も溶かしたり、刺激を与えすぎてしまうため、肌荒れなどの副作用になってしまうというわけです。

 

あと、もう1つは使っては行けない部位で使うというパターンです。除毛クリームは顔やVIOなどのデリケートゾーンでの使用ができないものがほとんどなのですが、それをよく知らずにデリケートゾーンで使って肌荒れしてしまうケースです。

 

普通に取扱説明書を読めば、副作用に悩まされることはないのですが、よく読まずに使用すると痛い目にあってしまうんですよね。

 

除毛クリームによる副作用を回避する3つの方法

ということで、実際に除毛クリームによる副作用を回避する方法について紹介していきます。

 

1.放置時間を守る

こちらは先ほど説明した除毛クリームを塗ってから、拭き取りまでの時間を守るという重要なポイントです。放置時間は、除毛クリームによって微妙に異なりますが、だいたい10分くらいのものが多いようです。

 

指定されている時間より短ければムダ毛が取れにくく、長いと肌荒れなどの副作用になるリスクがありますので、ちょうどいいタイミングで拭き取って洗い流すことが重要なポイントです。

 

2.使用前にパッチテストをする

肌が刺激に対して強いか弱いかというのは、個人差が大きいというお話をしましたが、その使おうとしている除毛クリームが、あなたの肌に刺激になるのか、なんとも無いのかというのは使ってみなければわかりません。

 

いきなり、除毛する部位全体で使用するのではなく、500円玉くらいのサイズでパッチテストをして様子を見るようにしましょう。

 

もしも赤くなったりヒリヒリしないようなら、あなたの肌で問題無く使えるということですので、安心して使用できますよね。

 

万が一、パッチテストをした部分が肌荒れした場合には使うのを控えるようにしてください。

 

3.アフターケアをしっかりする

肌荒れなどの副作用は、除毛クリームを使用した後で、肌が乾燥することにより発生することも多いです。ですので、使用後は保湿クリームやローションなどを塗って、肌が乾燥しないようにするのが重要です。

 

除毛クリームの中には、シリーズ商品として保湿ローションも販売しているメーカーもあるので、できれば同じメーカーの保湿アイテムを使用すると安心です。

 

とはいえ副作用が起こるのはレアケース

これまで、除毛クリームを使用した場合の副作用について、原因と対策を紹介してきましたが、とはいっても副作用が発生することはレアケースです。

 

あまりビクビクすることはありません。

 

先ほど紹介した「副作用を回避する3つの方法」をしっかりと実践して、副作用がおこならいようにすれば安心して除毛クリームを使用することができますよ。

 

まとめ

ということで、除毛クリームによる肌トラブルなどの副作用について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

除毛クリームを使うことによる副作用は、個人差があったり使い方が間違っていたり、様々な原因で起こる可能性はあります。

 

しかし、正しい使い方をして、きっちりと事前にパッチテストを実施してから使えば、まず肌トラブルなどの副作用は起こることはないでしょう。

 

ぜひ、副作用を回避する方法を理解して、安心して除毛クリームを使ってツルツルになってくださいね!

 

各部位別に合ったメンズ脱毛・除毛クリームを選ぶ

青ひげ・顔の産毛対策 鼻毛の対策 胸毛の対策

>>クリック

>>クリック

>>クリック
脇毛の対策 すね毛の対策 VIO・玉袋の対策

>>クリック

>>クリック

>>クリック
腕毛の対策 背中の毛の対策 へそ・お腹の毛の対策

>>クリック

>>クリック

>>クリック

 

目的別メンズ用脱毛クリームの選び方

 

関連ページ

男性が自宅でできる脱毛方法
男性が自宅でできる脱毛方法の中で、どれが一番いいのか比較してみた結果について紹介しています。
除毛クリームのメリットとデメリット
除毛クリームは体に悪いのか?除毛クリームのメリットとデメリットを徹底解説しています。
除毛クリームvsカミソリどっちがいいのか?
除毛クリームvsカミソリで剃るのどちらがいいのか?5つの観点から徹底比較した結果について紹介しています。
除毛クリームとブラジリアンワックスの違い
除毛クリームとブラジリアンワックスどちらがいいのか?除毛クリームとブラジリアンワックスの違いについて紹介しています。
除毛クリームと脱毛クリームの違いと選び方
除毛クリームと脱毛クリームは、何がどう違うのか?その違いと選び方について紹介しています。
デリケートゾーン対応の除毛クリーム
市販の脱毛クリームでデリケートゾーン対応のものはあるのか?調べた結果はいかに?
アトピーでも使える除毛クリーム
アトピーでも使える男性用の除毛クリームはあるのかについて紹介しています。
肌に優しい除毛クリームの見分け方
肌に優しい脱毛クリーム・肌に悪い脱毛クリームの見分け方、選び方について紹介しています。
除毛クリームは痛いのか?
痛いの苦手なんだけど、除毛クリームは痛いのか?それとも痛くないのか?について解説しています。
除毛クリームは爪も溶かすの?
除毛クリームは爪を溶かしてしまうのか?危険はあるのか?爪を溶かさないための対策法を伝授しています。
除毛クリームの匂いはどんな感じ?
除毛クリームの匂いってどんな感じなのかについて解説しています。
スプレー泡タイプの除毛クリームってどう?
スプレー泡タイプの除毛クリームって実際つかってみた結果分かった重要なことについて紹介しています。
剛毛な男性におすすめの除毛クリーム3選
ごっそりムダ毛が落ちる剛毛な男でも強力な除毛クリームを3種類紹介しています。また、ムダ毛が濃い男性が除毛クリームを選ぶポイントについても解説しています。